頻繁にする更新するサイトって上位表示するの?更新頻度は?

  • Facebook
  • Twitter

 今回はお客様からもっともお問い合わせの多い「サイトの更新頻度」について解説したいと思います。

“一度作ったページを更新することはサイトのアクセス数を上げたり、順位をアップさせるSEOに関係はありますか。”

最近多くお問い合わせいただくのがこちらです。

 

更新頻度はサイトのアクセスを増やすの?SEOとの関係は?

 Googleが公開している「Googleアルゴリズム200項目」には 「コンテンツの時事的要素(新鮮さ)」が必要としっかり記載されています。つまりこれは逆に「更新しない(新しい情報コンテンツを追加しない)ホームページは評価しない」と明言していることと同じですね。※Googleが評価するコンテンツに関しては、ホームページのアクセスアップにはコンテンツSEOが一番効く!も併せて読んでみてください。

 更新頻度は?というと「頻度が高ければ高いほど効果は高い」です。※ただしそのページの「質が高い事」が前提にありますが。。。。

 

 では何を目処にすればいいかというと、

  • 競合サイトがどれぐらいの頻度でページを更新(新規コンテンツを増やす)しているか?
  • どれぐらい深い知見を持った専門的なコンテンツを増やせていけているか?

 という2つの要素の掛け合わせと考えていただければOK。イメージ的には「新しい情報が発信されやすいEC業界などは(競合も多く発信しているはずなので)新着ニュースなどの扱いで更新頻度は多めに」。

 新しいニュースが少なめ(BtoBのような)業界ならば「(例えば製造業などなら)その専門性をより深く探求した記事」を練りに練って書けばいいと思います。

 実際Googleも、更新頻度や新鮮さの評価は、セクター(分野)によって、区分けして評価していると明言しています。たしかに、毎日いくつものニュースをアップするニュース系サイトと、更新はめったにしないけれど世界中から非常に高いく評価されている学術論文を載せているサイトを同じ天秤にかけても意味が無いのはイメージできますね。

 いろいろな業界ごとで頻度は様々だと思いますが、Goolgeへの見え方や更新頻度を実感するという意味や目的も含めるなら「前者で週に数回」「後者は少なくとも月に2回以上」を目安にしてみてください。

 

 定期的に更新を行うことによって、ホームページに多くの質の高いコンテンツページが増えていき、集客窓口(=検索で引っかかるキーワード増える)が広がっていきます。気づかない内に自分が想像しない検索キーワードでお客様が入ってくる機会も増えるのです。

 

 アクセスを上げる様々な方法の中で「ページを更新する」という意味とは?

“どうやってページを更新すればいいか分からないし、そんな時間はないんですが…。”

このようなお悩みもよく聞きます。

 SEOでいう「更新」という意味は、既存のページを1文字・1行だけちょこっと修正するのではなく「コンテンツ(内容)があるページに修正したり、新規ページの追加が必要」なのでけっこうな労力がかかります。また通販サイトなどでない限りは毎日の更新はなかなか難しいですよね。

 

 競合他社も悩みは同様。その中で、きちんとコンテンツを更新、充実させる事が、Googleからの評価(=順位上昇)につながります。

  Googleのアルゴリズムは、めんどくさくて、更新しないサイトは評価せず、きちんと更新して、コンテンツがすばらしいサイトを評価します。もちろん、お客様にとってもよく更新されているサイトの方が信頼が置けますよね。

 

■あなたのホームページの「更新頻度」を上げよう!

「更新するって、何を書けばいいんだろ?」と思われる方へのアドバイスです!

  • その1:もう一度、自社ホームページの説明文を読み直し足りない部分を埋める

「この文章を読んだだけでお客様は100%伝わるか?」を見直してみるのです。

 

もう少し説明や補足が必要かもしれないと感じる部分に。。。。

  • 「補足となる文章を追記してみる」ぐらいから始めて、
  • そのページをもっと詳しくあるいは別の切り口で新しくページを追加してみる。
  • そのページの理解を深める説明画像を追加してみる。
  • もっとがんばるなら「動画を作成して追加してみる」なども有効です。

 このように、ただ文章を書くだけでなく様々なリッチコンテンツ化にトライし、お客様の理解度や納得度が高まるページにしていきます。これがアクセス数を上げ、そして成約にいたる確率も高まっていくのです。

 

  • その2:お客様の「人柄」を想像して書き直してみる

 「うちの商品を買う人は、どんな人だろう?」と、お客様の事を再度、思い起こし記事やブログを更新してください。

 たいていのホームページの記事は、「うちの商品はこんなにいいよ!」という書き手の訴えのみで書かれている事がほとんどなので、そこを改めて読む人の「人柄」を想像して書き直してみるのです。「うちの商品をこんな時、こんな風に使うとハッピーになれますよ!」という客観性を持ったエピソードやシーンを取り入れた記事を、どんどん増やしていくのも非常に良いと思います。

 

「更新頻度」のまとめ

 このように、定期的に更新をする事は、確実にアクセスアップにつながる「だれでもでき且つ100%効果がでる集客方法」です。「キーワードをどれぐらいの割合で埋め込めばいいですか?」など小手先のテクニックは、Googleの言語解析技術が高まっているので、意識しなくてもOK。

 あなたはひたすらユーザーに役に立つコンテンツをコツコツと積み重ねていってください。その先には必ず「成功」というゴールが待っていること間違いありません!

 

 

 

cov_banner_belka

ひとことで結構です。ぜひ感想をお願いします!
「面白かった~」の一言がすごく励みになるのです(^o^)/

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

TOPへ戻る