手動ペナルティ解除の方法を解説!自分で簡単解除

  • Facebook
  • Twitter

前回ペナルティ解除の話題を書かせていただきました。

そこで今回は手動ペナルティの解除方法をパターン別でご紹介していきたいと思っています。

実際ペナルティ解除業者といわれる会社があるように、ペナルティ解除は依頼をして頼む時代になっています。

しかし時間と作業の苦痛を耐えれば(※実際はそこまでではありませんw)、ご自身でできてしまいます。もし今現在、リンクによる手動ペナルティ、低品質による手動ペナルティで悩まれている方にこの記事が少しでもお役にたてれば幸いです.

photo credit: jsmoral via photopin cc

  1. 手動ペナルティ解除の流れ
  2. 不自然なリンクによるペナルティ解除作業
  3. 今回のまとめ

 

1.手動ペナルティ解除の流れ

まず今回2種類のペナルティ解除の流れについてご紹介します。

しかし人間の手と目により判断される手動ペナルティは、どのような種類でも、大筋の解除の流れは変わりません。

そのためまずは手動ペナルティ解除、全体の流れをご紹介したいと思います。

 

WEBマスターツールのチェック

まずこの記事を読んでいただいている方で、手動ペナルティになっているという判断をしっかりできている方は、既にWEBマスターツールが入っている方だと思います。 そのためWEBマスターツールの重要性など基本的な内容は、ここでは解説しませんが、手動ペナルティの解除においてもっとも重要なポイントになるのが『WEBマスターツール』です。 ここで行っていただきたいポイントは、どのようなペナルティが来ているのかのチェックです。 【見ていただきたい場所】 WEBマスターツールログイン→サイドバーの検索トラフィック →展開された中の手動による対策 すると下記のような表示がされるかと思います。 これを見ることでなにのペナルティかがチェックすることができます。

ペナルティ内容の確認

次に行っていただきたいのが、手動ペナルティの内容確認です。 よく見落とされがちですが、Googleは丁寧に『詳細』というリンクを用意してくれています。 するとここに、なぜこのようなペナルティが来てしまったのか? という要因と原因のサンプルが乗っています。 ここをまずしっかり読み、いままでのSEO対策・運営方針を反省します。

ペナルティ解除方法の確認

先ほどの詳細ページを開いていただき、下の方には解除法が乗っています。 ここを見ていただくと、これだけでもできるという方も多くいらっしゃいます。 実際ペナルティ解除業者といわれる人達も、ここを伝えてから依頼を受ければいいのにと、私は思ってしまいます。

実際の解除作業の開始

ここがそのペナルティ種類によって、大きく変わるところです。

今回ご紹介する外部リンクについては、リンクを削除するというところでテクニックがいります。しかしその他のペナルティについては、サイト内に問題があることが多いためテクニックではなく、問題の個所をシンプルに修正するという事ですみます。

例えば、低品質のコンテンツに関するペナルティだった場合は、自分の中で答えが出ていると思います。

・外部に文書を発注して、載せているだけになっていないか?

・地域×キーワードをたくさん撮りたいがために、自動生成のページをつくっていないか?

そういった部分を削除または修正を行っていただければ、基本的にはペナルティ解除への道が開かれます。

Googleへの再審査リクエスト

さて実際の作業が完了をしたらば、次は再審査リクエストというのをGoogleのWEBマスターツールから送ることになります。

ここについていは、ある程度の定型文と実際行った作業内容をしっかりと載せれば問題ありません。

実際、私がペナルティ解除を請け負った際の文章を画像で乗せます。

これはかなり簡易的に書いていますがフォーマットとしてはこれで十分解除できています。WS000009

 

2.不自然なリンクによる手動ペナルティ解除作業

さて手動ペナルティの解除の中で厄介になるのが不自然なリンク【外部リンク】による手動ペナルティだった場合です。

やっかいな理由というのは、多くのSEO会社の場合はリンク先について開示をしておらず、こういったペナルティの場合は、自分で確認をおこなわなけばなりません。

数によりますが基本的には目視で下記のようなツールから、リンク先を抜き出してチェックをしていくことをおすすめします。

しかしいくつか見ていくうちに、リンク先のURLの規則性やWEBマスターツール以外の外部ツールについてはアンカーテキストでチェックする方法があるのでそちらから怪しいものをチェックすることで効率化していくことが可能だと思います。

それではリンクをチェックするためにおすすめのツールを3つご紹介します。

それぞれのツールででるリンク・出ないリンクがあるため念のためすべてのツールを使用することをおすすめします。

MAJESTIC SEO

https://ja.majestic.com/

私はこのツールを多用しています。以前は次にご紹介するOpen Site Exploreというのを使用していましたが、こちらのほうがUI的に見やすい。また比較的多くのリンクが表示しやすいという印象があります。

    WS000010_convert_20141204105709

Open Site Explore

https://moz.com/researchtools/ose/

ここは老舗のツールになります。特徴としては、MozRankといわれるものやAuthorityという概念がでてきます。ただし使用者が多いせいか、反応が遅くなるところが気になる点かもしれません。

WS000011_convert_20141204105756

ahref

https://ja.ahrefs.com/site-explorer/

このツールも有名なものです。こちらは視覚的に分かりやすいのが特徴と言えるかと思います。

WS000013_convert_20141204105815

 

3.まとめ

今回は、ペナルティ解除方法をご紹介しました。集客をしたいという強い思いのあまり、ペナルティになってしまったと思います。しかしペナルティになってしまっては、いままで作ったものが全て水の泡です。

WEB集客において大切なのは、今通用する対策をしっかりと行い、今禁止されている対策を避ける。つまり、テクニックだけに頼らないことだと思います。

皆さんも今のうちからペナルティの知識をつけていただき、禁止されている・注意されている手法に手を出さないことをおすすめします。

ひとことで結構です。ぜひ感想をお願いします!
「面白かった~」の一言がすごく励みになるのです(^o^)/

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

TOPへ戻る