ブログ記事がインデックスされない・遅いと思ったら試してみたいこと

  • Facebook
  • Twitter
medium_438307608

WEBライティングにこなれてきて、WEBサイトや自社ブログの更新が楽しくなってきた!という方もそうでない方にも、知っておいてほしいことがあります。

それは、WEBライティングは「書いて終わり!」ではないということです。せっかく一生懸命ライティングしたブログ記事ですが、「検索エンジンインデックスされない」「インデックスされるまでに時間がかかる(=お遅い)」という方も多いのではないでしょうか。

今回はせっかく書いたブログ記事・サイトコンテンツがちゃんとお客様に届くように、インデックスされない・遅いという問題を解決する方法をご紹介いたします。

photo credit: Scott Ableman via photopin cc

▼今回の目次です

  • なぜインデックスされない/遅いのか?
  • 記事をアップしたらすぐに実行したい「fetch as google」
  • まとめ:WEBライティングは書いたら終わり!じゃない理由

 

なぜインデックスされない/遅いのか?

一生懸命お客様のためを思って書いたブログ記事またはサイトコンテンツ。アップした1日後にインデックスされているか調査しても、あれ、どうやらインデックスされていない…。忘れたころにやっとインデックスされていた!そんなことがインターネットの世界ではよくあります。

インデックスとは何ぞや、や自社WEBサイトのインデックス数が知りたい方は過去記事をご参照ください。→Google インデックス数の確認方法・調べ方

さて、なぜ自分のWEBサイトのインデックスが遅いのか、と言うと、実はさまざまな理由があります。ですが、その中で重要な割合を占めるのが「更新頻度」です。更新頻度が高いと、Googleは「あ、このサイトは常にチェックしておかなくっちゃ!あ、やっぱりもう新しい記事出てる!よっしゃ、インデックス保存~♪」という動きをします(笑)

自分のWEBサイトがどれだけ更新頻度が高いとされているか、どれだけGoogleが見回りにきているかは検索クエリ?クローラー?知っておきたいウェブマスターツールの使い方をご参照ください。

つまり、インデックス遅い・されないというのは、Googleがあまり見回りにきていないということです。競合他社の更新頻度が1日1回で、自社が10日に1回の場合、どちらのサイトにGoogleは頻繁に訪れるべきだと思いますか?答えは明白ですよね。

もちろん、更新頻度だけが全てではありません。即時にインデックスしてもらえるようにするには、ちゃんと方法があります。

記事をアップしたらすぐに実行したい「Fetch as Google」

Googleウェブマスターツールに「Fetch as Google」という機能があるのはご存知でしょうか。

Googleブログでは小難しく書いてありますが、こちらがどんな機能かと簡単に言いますと、Googleに対して「ちょっと早めに寄ってってー!」と宣言することができる機能です。

宣言するだけで、Googleは1日以内にWEBサイトをクロールしてくれます。(そしてよほどのことがない限りはインデックスへ保存してくれます)

Fetch as Googleの使い方

Googleウェブマスターツールにログインして、記事をアップしたWEBサイトURLをクリックします。

左メニューの「クロール」をクリックし、 「Fetch as Google」という項目をクリックします。

fetchasgoogle1

以下のようにURLとフォーム、そしてボタンが並んでいると思います。

fetchasgoogle2

アップした記事のURLが例えば「http://kiji.jp/kiji.html」であれば空白フォームに「kiji.html」と入力して、取得ボタンをクリックします。※これは例ですので、ご自身がアップした記事のURLを入力してください。

そうするとページ下部の「パス」という項目にkiji.htmlが出現すると思います。 「インデックスに送信」ボタンをクリックしてください。

fetchasgoogle3

このURLのみをクロールする、を選択して「送信」をクリックします。これで完了です!

Googleウェブマスターツールに登録していない方はこちらでGoogleに直接リクエストすることができます。

まとめ:WEBライティングは書いたら終わり!じゃない理由

記事をアップするたびにこんなことをするのは正直面倒くさい、と思いますよね(^^;)ですが、残念ながらWEBライティングにおいてはここまでが一連の作業だと断言いたします…!

というのも、インターネットというのは毎秒世界中でコンテンツがアップロードされる場所であって、何もしなければあっという間に埋もれます。この作業をする/しないの差でライバルと大きな差がついてしまいます。壮大な世界にコンテンツを送り込むわけですから、埋もれないためには、なるべく早めにインデックスされることが重要です。

新聞への投書を書いたのに、ポストへ出すのを忘れてた!ということと同じです。送ってさえしまえば、新聞に掲載されるかもしれない。インターネットで言うと、お客様の目に止まるかもしれない。ということです。

大事なWEBサイトコンテンツ、埋もれないようにしてくださいね!

cov_banner_belka

ひとことで結構です。ぜひ感想をお願いします!
「面白かった~」の一言がすごく励みになるのです(^o^)/

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

TOPへ戻る